緑づくしの一日

去年のアメリカ出張で、ちょうど3月17日の朝にサンディエゴ空港に到着し、行きかう人々が、
子供から大人まで、なぜか緑色のものばかり身に付けていたのがやたらと目に付きました。
テレビをみても、アナウンサーも緑色のものを着用していました。
聞けば、聖パトリックの祝日で、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。
アメリカでは緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれるそうです。
それまで、全然知らなかったので、実際に目にするととても新鮮で面白かったです。
そのときに、来年は絶対自分もやってみたいとひそかに思っていました。
そして、ついに一年が経ち、いよいよ「緑の日」がやってきました。
今日は土曜日ですが、来週のアメリカ出張の打ち合わせがあり、午後から出勤です。

思いっきり全身緑づくしの服装で出かけました。
食卓なども先日購入した緑色のろうそくを灯し、食事は引き続き冷蔵庫の残り物食材で
作りましたが、楽しい一日を過ごしました。
a0249059_113043100.png

(キリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日ですが、緑の日ということで、自分なりに楽しみました。)
[PR]
by livingingrace | 2012-03-17 11:15 | 暮らしの中の出来事